どうしても、疲れがとれない、また疲れやすくなった…風邪を引きやすく、食欲がない…若い頃には冷えなどなかったけれど、最近冷えてしょうがない…など。

それぞれ、みなさまには日々悩んでいる『カラダ』の不調があるかとおもいます。

東洋医学(漢方・中医学)は、西洋医学とは違う『カラダ』の見方をします。
なぜなら、西洋医学とは違う考え方で生まれた医学だからです。

漢方・中医学は、古代中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)などの自然哲学が理論の基礎となっています。古代の人々は、自然を観察して自然界におこる様々なことは、人の『カラダ』にもおこると考えていました。

例えば、自然界の法則や性質に似た症状が人の『カラダ』にもあらわれたり、また自然界の調和がみだれれば、人の『カラダ』の調和もみだれ、病にいたるといわれます。

くすりの栗園堂は、みなさまの『カラダ』の不調に、どのような漢方薬が合うのかをサポートし、みなさまのセルフメディケーション(Self-medication)がより良い環境になるようにお手伝いを致します。
くすりの栗園堂の『漢方相談』で、ご自身の健康を見直してみませんか?
なお、『漢方相談』は、上記以外にもかぜ・鼻炎・咳・食欲不振・疲労倦怠・自律神経失調症・
冷え症・下痢・便秘などの各種疾患を承っております。
ここで『中医学』とは、中国の伝統的な医学(西洋医学とは違った独自の医学理論がある)のことであり、また『漢方』とは、中国から渡来して日本独自で発展した医学のこと。
※中医学の基礎理論については、下の画像をクリックするか、または下記の目次から移動できます。
目次 : 中医学の基本的な概念について / 陰陽説について / 五行説について / 五行色体表 / 
六淫の性質について / 中医学的な人体の生理について / 気・血・津液・精について / 
臓腑の生理機能について
中国の伝統な医学のことを世界的に『漢方』と呼ぶわけではなく、江戸時代に渡来してきた西洋医学(蘭方)との区別をするため、日本では、中国から伝来してきた医学であることから『漢方』と名付けられたといわれます。世界的には、『漢方』ではなく『中医学』と呼ばれます。

実は『漢方』は中国の伝統医学が基礎となっていますが、だんだんと日本で発展していくうちに、中国の伝統的な医学(中医学)とは理論的にいろいろな違いがあらわれてきてしまいました。

大きくみると『漢方』は、古代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)・金匱要略(きんきようりゃく)』を基礎にさまざまな病に対応しようとします。
また中医学は、深く永く蓄積された理論をいろいろな角度から使い、その病がどのような状態であるのかを把握してさまざまな病に対応しようとします。

東洋医学である『漢方』と『中医学』は、どちらも永く人々を病から救ってきたすばらしい医学です。
くすりの栗園堂の『漢方相談』では、『中医学』を基礎にして『漢方』の良さも取り入れ、みなさまの健康のお悩みに合った漢方薬をおすすめ致します。
くすりの栗園堂の『漢方相談』は、「予約制」となっております。初めての方は、電話(TEL)またはメール(E-mail)にて、ご予約をお願い致します。
なお、急性症状(かぜ・鼻炎・咳・頭痛・腹痛・下痢・便秘など)の『漢方相談』は、ご予約は必要ありませんので、お気軽にご来店下さい。
予約受付曜日・予約時間
月・火・水・木・金・土
9:00 - 19:00
① お電話でのご予約について
電話(TEL : 046(249)6800)での受付は、営業時間内となっております。
② メールでのご予約について
メールでの受付は、24時間となっております。
またメールをいただきましたのちに、1 - 2営業日中には担当者からご連絡致します。
※その他のお問い合わせ(漢方相談のご予約以外)は、2 - 3営業日かかることがございますので、ご了承いただきますようお願い致します。
ご相談時間は、30分から60分程度になります。
みなさまの『お悩みの症状(主訴)』と、その他の随伴症状や体質・体調などを詳しくお聞きします。
お聞きした症状から、みなさまの体調の改善に合う漢方薬をご提案させていただきます。
漢方薬の価格の目安
エキス剤(顆粒) : 1日分 400円(税抜)
漢方薬を服用してみて体調が改善されてきた。また体調は改善されてきたがまだ少し症状が残っているなどの何かしらの体調の変化があれば、今一度ご相談して下さい。
くすりの栗園堂は、みなさまのその時々の症状に合せた漢方薬や体調管理(養生)などを再度ご提案させていただきます。
Copyright © 2015 drugstore ritsuendo All Rights Reserved.