目次 : 中医学の基本的な概念について / 陰陽説について / 五行説について / 五行色体表 / 
六淫の性質について / 中医学的な人体の生理について / 気・血・津液・精について / 臓腑の生理機能について
東洋医学である『中医学』とは、中国の伝統医学のことであり、また西洋医学とは違った「カラダ」の見方をします。なぜなら、西洋医学とは違う考え方で生まれ発展してきた医学だからです。

この『中医学』では、古代中国の「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」などの自然哲学が理論の基礎となっており、古代の人々は、自然を観察して自然界におこる様々なことは、人の「カラダ」にもおこると考えていました。
例えば、自然界の法則や性質に似た症状が人の「カラダ」にもあらわれたり、また自然界の調和がみだれれば、人の「カラダ」の調和もみだれ、病にいたるといわれます。
これは、「天(自然界)」と「人(人間)」は対立するものではなく、本来「天」と「人」は一体であるという思想から来るもので、このことを『天人合一(てんじんごういつ)』ともいいます。

また『中医学』では、独自の「カラダのしくみ(中医学的な人体の構造や生理機能)」で、人体が生命活動を行なううえで必要とする『基本物質』である「(き)・(けつ)・津液(しんえき)・(せい)」という概念があります。
そして、飲食物などからその人体の生命活動に必要な『基本物質』を作り出すために、独自の「臓腑五臓 : 肝・心・脾・肺・腎 / 六腑 : 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦 / 奇恒の腑(きこうのふ) : 胆・脳・髄・骨・脈・胞宮)」の『生理機能』や「各組織器官」・「経絡(気血の通り道)」などの『生理機能』があります。

人体の疾病に対して、『中医学』では、「病気の原因(病因 : びょういん)」があり、また「病気のしくみ(病機 : びょうき)」があると考えます。
本来、漢方治療をする際には、この疾患にはこの漢方処方といった単純なものではなく、東洋医学(中医学)的に「カラダのしくみ(中医学的な人体の構造や生理機能)」を考慮して、この「病気のしくみ(病機)」を組み立てる必要があります。

例えば、寒くなってきたら急に胃痛と吐き気があらわれた。

主訴 : 胃脘部疼痛・悪心

疼痛は、冷えた痛み(冷痛)であり、温めると良い(喜温)。

この「病気のしくみ(病機)」は、寒邪と呼ばれる邪気(病因 : 寒邪)が胃に侵襲して(寒邪犯胃)、胃の気血を阻滞することで痛みを引きおこし(不通則痛)、胃気が上逆して吐き気を誘発している。

ここで、弁証 : 胃実寒証と組み立て、治法 : 温中散寒とし、方薬 : 安中散という処方で治療します。
受動的静的物質的機能減退など

自然
地・下・月・夜・水・寒・静・降・内・裏・形・女など
人体
部位 : 下部・体内・腹部・内側
臓腑 : 五臓・肝脾腎など
基本物質 : 血・津液・精
能動的動的機能的機能亢進など

自然
天・上・日・昼・火・熱・動・昇・外・表・気・男など
人体
部位 : 上部・体表・背部・外側
臓腑 : 六腑・心肺など
基本物質 : 気
古代の自然科学である『陰陽説』とは、2つの対立する特性をもった『(受動的・静的・物質的・機能減退など)』と『(能動的・動的・機能的・機能亢進など)』という『気』があることで、「万物」の「生成」や「消滅」といった変化が起き、自然界の均衡が保たれているという考えです。
この『陰陽説』では、『陰』と『陽』で、万物(宇宙・自然界・人体など)を無限に2つに分けることができるといわれています。
また『陰』と『陽』は、一方の存在が無ければもう一方も存在しない互いに補い合う(互根互用)関係、互いに対立し合い(相互対立)互いに抑え合う(相互制約)といった関係を持つといわれます。
古代の自然科学である『五行説』とは、自然界の万物が「」の5つの物質でできており、また世界はこの5つの物質が持つ性質によって均衡が保たれているという考えです。
この『五行説』では、自然界(季節・方位など)や人体の部位(臓腑・各組織など)を、それぞれの5つの特性に合せて振り分けることができるといわれます。(参考 : 五行色体表)
また『五行』は、「木は火を生む・火は土を生む・土は金を生む・金は水を生む・水は木を生む」という互いに依存して協調(循環)する関係を持ち、これを「相生(そうせい)」といいます。
逆に「木は土を抑える・土は水を抑える・水は火を抑える・火は金を抑える・金は木を抑える」といった互いを制約する関係を持ち、これを「相克(そうこく)」といいます。
特性 : 木(もく)は、木や植物が縦横に伸びていく様子を象徴する。(曲直 : 生長・昇発)
特性 : 火(か)は、火が炎上する様子を象徴する。(炎上 : 温熱・上昇)
特性 : 土(ど)は、種をまき収穫する土壌を象徴する。(稼穡 : 生化・受容)
特性 : 金(ごん)は、金属が精錬すると変化するように変革を象徴する。(従革 : 清潔・粛降・収斂)
特性 : 水(すい)は、潤し水が下へ流れる様子を象徴する。(潤下 : 滋潤・下降・寒涼)
中医学では、自然界の正常な6つの気候の変化である「湿)」のことを『六気(ろっき)』といいます。
また『六気』は、自然界の気候の変化に対する人体の適応能力の低下(正気不足)があったり、普段の適応能力を超える異常な気候変動があれば、人体に悪影響をおよぼす『六淫(ろくいん)あるいは六邪(ろくじゃ)』といった人体に疾病を引きおこす原因(病因)となるといわれます。
人体も自然界の一部であることから、『六淫』と同じような性質をもったものが体内でも発生するといわれ、それらを『内生五邪(ないせいごじゃ)』といい、「内風内寒内湿内燥内火内熱)」があります。
風(ふう)は、春季の支配する気であり、「四季に風あり」といわれることから、春季だけではなく他の季節でも発生するといわれます。
また風は、他邪を先導することから外感発病(感冒など)などの重要な発病の原因(病因)となるといわれます。
風の性質
 風は、陽邪であり、その性質は軽揚(けいよう)・開泄(かいせつ)であり、人体の陽位(ようい)を侵襲しやすい。
 風は、善く行(めぐ)り数々(しばしば)変化する。
 風は、動きやすい(動の性質)。
 風は、百病の長である(他邪の先導)。
寒(かん)は、冬季の支配する気であり、 寒冷の性質を持つといわれます。
また人体は、冬季だけではなく気温が急に低い・冷たいもの(寒涼物)の過食・発汗の後の冷え・陽気の衰えなどにより、寒邪の侵襲を受けやすくなります。
寒の性質
 寒は、陰邪であり、人体の陽気を損傷しやすい(傷陽)。
 寒は、凝滞(ぎょうたい)の性質を持つ。
 寒は、収引(しゅういん)の性質を持つ。
暑(しょ)は、 夏季の支配する気であり、 盛夏だけの時期に生じるといわれます。
また夏のジメジメした時期に生じるために、 炎熱の性質と湿の性質が合わさるといわれます。
暑の性質
 暑は、陽邪であり、炎熱(えんねつ)の性質を持つ。
 暑は、升散(しょうさん)の性質を持ち、気と津液を損傷しやすい(傷気・傷津)。
 暑は、湿と結びつきやすい。
湿(しつ)は、長夏(旧暦6月頃)の支配する気であり、 季節的には湿度が高い時期(梅雨など)に多いといわれます。
また湿は、多湿な環境での居住・水中での作業・雨に濡れる・脂っこいものや味の濃いもの(肥甘厚味)の過食などでも生じるといわれます。
湿の性質
 湿は、陰邪であり、気機を阻塞し、脾胃の陽気を損傷しやすい。
 湿は、重濁(じゅうだく)の性質を持つ。
 湿は、粘滞(ねんたい)の性質を持つ。
 湿は、下降し陰位(いんい)を侵襲しやすい。
燥(そう)は、秋季の支配する気であり、まだ暖かい初秋に多い温燥と肌寒くなってくる晩秋に多い涼燥と分けられるといわれます。
また素体に血虚・陰虚があるものは、燥邪の侵襲を受けやすくなり血虚・陰虚が悪化することがあるといわれます。
燥の性質
 燥は、干渋(かんじゅう)の性質を持ち、人体の津液を損傷しやすい。
 燥は、肺を損傷しやすい(傷肺)。
火(か)は、夏季の支配する気であり、陽熱の盛んになるとあらわれるといわれ、熱・温とも呼ばれることがあります。一般的には熱邪は外感(外邪)のものが多く、火邪は内生(内邪)のものが多いといわれます。
また外邪(風・寒・湿・燥など)が体内で鬱滞したり、情緒(怒・喜・思・憂・恐など)が過剰になると「火に変化する(化火 : かか)」といわれます。
このことから、外邪が「化火」したものを「五気化火(ごきかか)」といい、情緒が「化火」したものを「五志化火(ごしかか)」とよびます。
火(熱)の性質
 火熱は、陽邪であり、炎上(えんじょう)する性質を持つ。
 火は、風を生じ、血を動かす(動風・動血)。
 火は、気と津液を耗傷させる(傷気・傷津)。
 火は、癰腫瘡瘍(ようしゅそうよう : 急性化膿性疾患や化膿性のできものなど)を生じやすい。
中医学では、西洋医学と違った「カラダ」の見方があり、中医学特有の『人体の構造』・『人体の生理機能』があります。
漢方治療をする際に、この中医学的な「カラダ」の見方をすることで、「病気のしくみ(病機)」を組立てることができます。
中医学の人体の生理は、複雑で多くの理論がありますが、ここでは「気・血・津液・精」と「臓腑」の基本的な生理機能についてふれていきます。
中医学では、人体が生命活動を行なううえで必要な『基本物質』を「津液」といいます。
また「気・血・津液・精」は、人体を構成する『基本物質』であり、人体の生命活動をささえるために、それぞれ『生理機能』を持っているといわれます。
気の生理機能
 推動(すいどう) : ものを動かす。
 温煦(おんく) : ものを温める。
 防御(ぼうぎょ) : 外邪から身体をまもる。
 固摂(こせつ) : ものを漏らさない。ものを固定する。
 気化(きか) : ものを変化させる。
血の生理機能
 栄養(えいよう) : 全身を栄養する。
※血は全身を栄養するだけではなく、人体の精神・意識・思惟活動と関係が深い「心神(しんしん)」も栄養している。
 滋潤(じじゅん) : 全身を潤す。
津液の生理機能
 滋潤(じじゅん) : 全身を潤す。
 濡養(じゅよう) : 全身を濡らし養う。
精の生理機能
 成長(せいちょう) : 成長の原動力となる。
 発育(はついく) : 発育を促す。
 生殖(せいしょく) : 人間の生殖の根本になる。
人体の『基本物質』である「気・血・津液・精」を、飲食物から取り出し作り出すためには、「臓腑五臓 : 肝・心・脾・肺・腎 / 六腑 : 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦 / 奇恒の腑(きこうのふ) : 胆・脳・髄・骨・脈・胞宮)」の『生理機能』が、 正常に行なわれていることが重要となります。
また「臓腑」は、それぞれ特有の『生理機能』を持っており、「臓腑」は、その『生理機能』によって各々複雑に連携しながら、人体の『基本物質』である「気・血・津液・精」を『生成』し、人体の生命活動をささえているといわれます。
※奇恒の腑(きこうのふ)とは、「形態」は「腑(内部に空間がある器官)」に似ているが、「働き」は「臓(精気を貯蔵する器官)」に似ているので、平常と異なることからこう呼ばれます。
肝の生理機能[臓]
 疏泄(そせつ)を主る : 肝は、気血津液を全身に滞りなく巡らせ、精神を安定させ、消化吸収をうながし、これらがスムーズに行くようにコントロールしている。
 血を蔵(ぞう)す : 肝は、血液を貯蔵する。
 筋を主る : 肝は、その蓄えた血液によって、筋肉の動きを維持する。
 目に開竅(かいきょう)する : 肝は、目に通じて、その働きを維持する。
胆の生理機能[腑]
 胆汁の貯蔵と排泄 : 胆は、胆汁を消化管に排出することで飲食物の消化を助ける。
 決断を主る : 胆は、物事の決断や判断に関わる働きをする。
● 肝・胆は、関係性が深く相互に影響があらわれやすいといわれます。
また臓腑の中でも「表裏」があり、表は腑の胆・裏は臓の肝といった関係もあります。
心の生理機能[臓]
 血脈(けつみゃく)を主る : 心は、脈管(血管)を通じて、血液を全身に循環させる。
 神明(しんめい)を主る : 心は、精神・意識・思惟活動を統括する。
 舌に開竅する : 心は、舌に通じて、その働きを維持する。
小腸の生理機能[腑]
 受盛(じゅせい)の官 : 小腸は、胃によって初期消化された飲食物を受け取り、さらに消化する。
 清濁泌別(せいだくひつべつ) : 小腸は、消化した飲食物を清(精微物質)と濁(食物残渣)に分けて、各臓腑に送る。
● 心・小腸は、関係性が深く相互に影響があらわれやすいといわれます。
また臓腑の中でも「表裏」があり、表は腑の小腸・裏は臓の心といった関係もあります。
脾の生理機能[臓]
 運化(うんか)を主る : 脾は、消化機能全般を受け持ち、水穀の精微(栄養物質)や水液を吸収し、人体の基本物質である気血津液精を、後天的に生成する中心である。
 血を統す : 脾は、血液が脈外へみだりに漏れ出すのを防ぐ。
 昇提(しょうてい)を主る : 脾は、内臓の位置を維持する。
 口に開竅する : 脾は、口に通じて、その働きを維持する。
胃の生理機能[腑]
 腐熟(ふじゅく)を主る : 胃は、口から受け入れた飲食物の初期消化を行なう。
 降をもって和と為す(和降 : わこう) : 胃は、初期消化した飲食物を小腸へ送る。
● 脾・胃は、関係性が深く相互に影響があらわれやすいといわれます。
また臓腑の中でも「表裏」があり、表は腑の胃・裏は臓の脾といった関係もあります。
肺の生理機能[臓]
 呼吸を主る : 肺は、呼吸を行ない自然界の清気(酸素など)を取り入れたり、濁気(二酸化炭素など)の排泄などを行なう。
 一身の気を主る : 肺は、その呼吸作用などによって、気を生成し全身の気の調整を行なう。
 宣発(せんぱつ)・粛降(しゅくこう)を主る : 肺は、三焦を通じて、その宣発作用により精微物質(栄養物質など)や気を全身に散布し、またその粛降作用により取り入れた清気を腎に降ろし不用な水液を膀胱へ送る。
 水道を通調(つうちょう)する : 肺は、その呼吸・宣発・粛降作用などにより、水液の代謝や流通を調節する。
 皮毛(ひもう)に合(ごう)す : 肺と皮毛には密接な関係があり、外邪からの防御作用がある。
 鼻に開竅する : 肺は、鼻に通じて、その働きを維持する。
大腸の生理機能[腑]
 糟粕(そうはく)の伝化(でんか)を主る : 大腸は、小腸より送られた飲食物の残渣(糟粕)から、有用な水液を吸収しながら大便を作り排泄させる。
● 肺・大腸は、関係性が深く相互に影響があらわれやすいといわれます。
また臓腑の中でも「表裏」があり、表は腑の大腸・裏は臓の肺といった関係もあります。
腎の生理機能[臓]
 精を蔵し生殖発育を主る : 腎は、精を貯蔵することから、人体の生殖・成長・発育などと関係が深い。
 水液を主る : 腎は、蒸騰気化(じょうとうきか)により全身の水液の代謝の調節を行なう。
 納気を主る : 腎は、肺が吸入した気を受け入れて貯える。
 骨を主り髄を生じ脳に通ず : 腎は、精から髄を作り、また髄は骨を作るもとであり、脳は髄が集まってできる。
 耳と二陰(にいん)に開竅する : 腎は、耳と二陰(前陰 : 外生殖器 / 後陰 : 肛門)に通じて、その働きを維持する。
膀胱の生理機能[腑]
 貯尿と排泄 : 膀胱は、小便を蓄え排泄する。
● 腎・膀胱は、関係性が深く相互に影響があらわれやすいといわれます。
また臓腑の中でも「表裏」があり、表は腑の膀胱・裏は臓の腎といった関係もあります。
三焦の生理機能[腑]
 大きな水道 : 三焦は、水液や気の通り道であり、汗出などの水液代謝の舞台となる。
(また三焦は、気が昇降出入するための通路でもあり、気化が行なわれる場所ともいわれる。)
 身体の三部分の総称 : 三部分とは、上焦(じょうしょう : 心・肺)・中焦(ちゅうしょう : 脾・胃・肝・胆)・下焦(げしょう : 小腸・大腸・腎・膀胱)とのこと、また臓腑も三部位にそれぞれ配置される。
(肝は、中焦に配置される説と下焦に配置される説がある。)
Copyright © 2015 drugstore ritsuendo All Rights Reserved.